ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に… 無料ネタバレ

こんにちは、エロ漫画ニートです。

今日はイスィ屋先生の『ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…』をご紹介します。



この作品は近所の女の子とゲームをしていて、寝ちゃったのでイタズラしちゃう物語です。

 

作品名の通りですね。。。

 

ただし、実際には寝ちゃったというより、無理やり寝かせた、と言う方が正しい展開になってます。

 

思ったより主人公の男が鬼畜でした。

 

詳しくはこの後ご紹介しますね。

 

また、無料試し読みもあるのでぜひ読んでみてください。

無料試し読みはこちら>>>


ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に… 完全無料ネタバレ

有村春菜は近所に住む女の子で、俺の家によくゲームをやりに来る。

 

春菜の親が仕事が忙しく、家に親がいない時にはウチで預かることになっていた。

 

親同士が仲がいいからなんだが、うちの親もたいがい忙しいので、春菜の相手はもっぱら俺がすることになっていた。

 

若い男が家で子供の相手する時にできることなんてゲームくらいしかないから、その影響で春菜もゲーム好きになっちまった。

 

こんなにかわいいのに休日の朝からウチになんて来ないで遊びに行けばいいのに。

 

なぜかウチに来てゲームをしやがる。

 

そのうち外に彼氏でも作ってウチに来なくなるんだろうな。

 

そう思うとこのまま何もしないのはもったいない気がしてきたぞ。

 

気が付くと俺は春菜に出すジュースに睡眠薬をこっそり仕込んでいた。

 

何の疑いもなく睡眠薬入ジュースを口にする春菜。

 

そのあと一緒にゲームを始めたが、自分のターンを待っているうちに寝てしまった。

 

 

まあ、俺が睡眠薬を仕込んだせいなんだが。

 

 

やっぱり寝顔もかわいいな。

 

 

俺は春菜の胸を揉んでみた。

 

 

「うお!めちゃ柔らかい!」

 

しかしいつ起きてしまうかわからないからな。どうしたものか。

 

乳首を攻めてみたら春菜が感じている様子で乳首が立ってきた。

 

もうこのままいってしまうか。

 

 

春菜がかわいいのが悪い。

 

俺は春菜のシャツをめくり、生乳を見ることにした。

このまま起きなければセッ〇スをすることになるだろうと思いながら。。

続きはこちらから>>>


ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に… 感想

ついうとうとしてしまったのかと思いきや、なんと主人公が眠剤を盛るとはww

思ってたのとは違った展開で面白かったですw

 

いやー普通の青年が睡眠薬なんて持ってるもんなんですかね?

 

春菜ちゃんが気を許した男は実は鬼畜悪党だったんですよ。

 

春菜ちゃんかわいそうですねぇ。

 

さて、内容については題名そのままで、一緒にゲームしていた女の子が寝たからエッチなイタズラからのエッチをするという展開です。

 

このままだと何ともない話なんですが、特筆すべきは絵のタッチがキレイ、かつエロいんです!

 

これはマジです。

 

見た目のわりに大きな胸で小さくピンクの乳首。

 

それをおいしそうに舐める主人公。

 

ただの変態のはずなのに、絵がキレイなんです。

これは一度見てみて欲しいです。

 

ちなみにみんなが見たいと思うセッ〇スシーンは第3話にあります。

 

第1話についてはエロい描写はあまりないですが、寝かせるまでのドキドキ感を味わうには必須の回です。

 

べたな設定でともすれば駄作になってもおかしくないところを、作者の画力で抜ける作品になっています。

 

良かったら無料試し読みもあるので読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら>>>



※購入して余ったポイントは普通のコミックにも使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です